本部からメール

こんにちは!

 

アメリカ本部からメールが届いたよ!

私からの質問等への回答がありました。

 

・本部からのオーダーに応えるのはいいんだけど、私の本業の関係で1か月とかの単位で対応できないときがあるかも

→時間がかかるときはその旨相手に伝えてもらえる?もし難しい時は、私たちのほうにオーダー送り返していいからね!

 

・できるだけ日本で必要な人に届けたいんだけど

→もしそっちで連携してもらえる医療機関が見つかれば一番いいよね。

アメリカで使ってるフライヤーとか、添付しとくから、翻訳して使ってね!

knitted Knockersを日本の女性に届けるのはとっても素敵!

 

・今ちょっと悩んでるのは2つ。お金と、糸。どうすればいいかな?

①まず、寄付を募るのはいつでもチャレンジだよね。

私たちはボランティアに糸の代金を提供してもらうようにしてる。

郵便なんかに使うお金はつじつまを合わせられる。

私たちは寄付をしてくれる人を応援してるよ。

私たちはKnockersの代金を請求しないのだけど、

多くの女性はこの活動に関する費用に対して喜んで寄付してくれるよ。

私たちはボランティアで、寄付で続けていけるのよね。

②そして、糸の話。糸の太さがとっても大事。

私たちは柔らかくて洗えて綺麗でお手頃の、

コットンカスケード糸(ってなんだっけ)のウルトラピーマかウルトラピーマファインをおすすめしているよ。

Knockersのサイズにもよるけど、大体一つ編むのに1.9USD(訳207円)くらいだよ。

近くの手芸屋さんで手に入らないようであれば、ネットで注文できるよ。

この糸屋さんなら、この活動用の糸は10%引きだよ。

ちょっとだけ宅急便代も安くしてもらえるよ。

http://www.appleyarns.com/products/copy-of-ultra-pima

もし、ほかの糸を使う場合はとにかく糸の太さが一番大切で、

アメリカの3(合太~細めの並太)は絶対守ってね。

撚りの強い糸も不適切です。柔らかくて洗えて、ウール以外!は守ってね。

 

〇バーバラのフリーコメント

私たちが一番多く受けるリクエストは、中間色のサイズC以上です。

編んでるとき、ゲージは2.5センチで6目になるようにすること。

これ、この間送ったパターンに書き忘れちゃった(てへぺろ

このゲージより大きくなっちゃうと、中に詰めた綿が出てきちゃう。

あとは、乳首だけど、きゅっと巻いて、直径1センチ以下になるように。

まあ、乳首はないならなくてもいいんだけどね。

ただi-codeを作るだけはなしね!ちゃんと巻いて縫い付けてね。

 

かぎ針編みの場合は糸がさらに重要。

かぎ針で編むと編地が固くなるから、

ウルトラピーマファインみたいないい糸使って編むのが大事。

かぎ針の場合糸の使用量は3割増しで、サイズにもよるけど1ペアで1かせくらい。

 

とのことでした。

パターンが出来上がったら、このメールに返信しようと思います。

 

次は、フライヤーを作るぞ!

NYで買ってきてもらった糸も見せてもらえるし、楽しみ。

それでは、また!